老化の原因 オステオポンチン




老化の原因であるオステオポンチンの量が多いと老化が進みます。

このオステオポンチンの量は、細胞の異常が起きた時に多量に分泌されます。

異常の起きた免疫細胞の数の違いは、内蔵脂肪の多い人、メタボの人に関係しております。

健康と老化のためにも太り過ぎには注意です。

改善には油、ストレス、腸内細菌が大切になります。

油は植物性にし、ストレスは少なく、発酵食品をとり腸内細菌を増やすことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする