Custom Post Type UI で追加した投稿タイプの権限をUser Role Editor で変更する方法




Custom Post Type UIでカスタム投稿を追加する際に、利用タイプを『post』以外にしてしまえば、メニューに表示されなくなります。

そこで、利用タイプを『news』にします。

次にUser Role Editorで、

デフォルトでは管理者権限は変更(というか閲覧)できない仕様になっているため、

設定 > User Role Editor から
『Show Administrator role at User Role Editor』
にチェックします。

すると、User Role Editor の権限にも『news』に関連したcapabilityが追加されます。

例えば
delete_others_posts ・・・ 他のユーザーのpost(つまり投稿)を消すことができる
upload_files ・・・ ファイルアップロード・メディアライブラリの操作権限
といったものです。

新しく追加された
delete_news
delete_others_news
delete_private_news
delete_published_news
edit_news
edit_others_news
edit_private_news
edit_published_news
publish_news
read_private_news
というのは良く見ると posts が news になっているだけです。

これらのチェックを権限毎に操作することで、ある程度自由に権限を操作できそうです。

参考サイト

http://website-homepage.com/wordpress/plugin/manage/custom-post-type-add-capabilities

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする