アメリカ株 米国株 nvidia (NVDA)を4株新規購入 人工知能AI銘柄




仕入れ時期は遅くなりましたが、4株新規購入しました。

人工知能の時代にnvidiaは当面は勢いがあると思います。

それは、2000個のCPUの計算を12個のGPUで実現させたことにあります。

そもそもNVIDIAって、いつAI企業になったのだろう。ゲーム用半導体のメーカーと認識していたのは僕だけじゃないはず。

世界中のAIの研究者がNVIDIAのGPU(Graphics Processing Unit)に注目したのは2012年といわれる。Googleが2000個のCPU(Central Processing Unit)を使ってニューラルネットワークを構築し、YouTubeのサムネイル画像の中から猫の画像を認識させることに成功したが、それと同じ実験をスタンフォード大学のAndrew Ng(アンドリュー・エン)氏が、わずか12個のNVIDIA製GPUで再現した。大量のコンピューターを持たなくてもAIを作ることができることに気づいた世界中の研究者たちが、NVIDIAのGPUに飛びつき、AI研究が一気に加速したと言われている。

現在google、microsoft、インテルも半導体の研究を進めています。

しかし、当面はnvidiaの独走と思われます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする