夫婦、カップルのセックス相性 性生活相性




よく「セックスには相性が大切だ」なんて言いますが、一体どういうところで判断すれば良いのでしょうか?

①セックスしたくなるタイミングが同じ

セックスレスに陥るカップルの特徴のひとつに「セックスしたいと思うタイミングが合わない」というものがあります。相手に我慢させるのも申し訳ないけど、せっかく盛り上がった気持ちを台無しにされるのはもっとつらいですよね。そして「こんなつらい思いをするぐらいなら」と徐々に相手に期待しなくなるのです。ところが、相性の良い2人にはこのような悩みがありません。自分がしたいと思ったときが相手も興奮しているときなので、充実したセックス・ライフを送ることができます。

②フィット感がある

女性器は男性に合わせて形を変えるので、普通はそれほど合わないと感じることはありません。これは、好きな男性の子供を作りやすくするための女体の神秘。ですから、極端にサイズが合わないと感じる場合は、実は相手の男性のことがそれほど好きじゃないのかもしれません。相性のいい2人なら、セックスを重ねる度にお互いの性器がフィットするようになり、どんどん感度が高まっていきます。

③他の人に目が向かない

セックスに不満があると「もっと相性の良い相手がいるのではないか」と、ついよそ見をしたくなります。しかし、お互いに心から満足できるセックスをしている2人は、そんな風に思う必要がありません。1度したら、またすぐにしたくなる。もっと一緒にいたいと思う。いつもそう思えるなら、かなり相性が良いといえるでしょう。

④性癖が一致している

セックスに関しての悩みで意外と多いのが「相手に自分の好きなプレイをしたいと言い出せない」というものです。もし嫌われたら……と思うと怖くなり、つい我慢して相手に合わせてばかりという人も多いのではないでしょうか?相性の良い2人は、お互いが興味を持ったことを自然に試すことができます。「変態」と軽蔑される心配もなく、好きなだけ快感に浸れるなんて幸せですよね。

⑤肌を合わせていても不快感を感じない

どんなに好きな相手でも、体臭や体毛など、我慢できない体の特徴があればセックスしたいという気持ちはしぼみます。申し訳ないけど、どうしようもないんですよね。体毛の濃さはもちろんのこと、体臭にも「好きなにおい」と「我慢できないにおい」があります。体臭のきつい人とセックスしていて嫌だと感じないのであれば、相性が良いと言えるのではないでしょうか。

「相性」というのは、具体的にどうこう言いにくい問題です。しかし、上に挙げたことに当てはまるのなら、お互いに「この人とは合う」と感じるのではないでしょうか? 少しぐらい合わなくても、本当に好きなら工夫しだいで満足度を高めることは可能なので、あきらめず回数を重ねていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする