朝スッキリ起きる方法




[ad#ad-1]

朝起きた直後は、眠り続けていたいという「睡眠慣性」の魔力が働くもの。

睡眠慣性の特徴は、体温が上がるにつれて消えていくこと。それは、脳の覚醒メカニズムが働いてくるためだといいます。そしてからだも、脳を覚醒させるべく、朝になるにつれて変化してくるのだとか。

ベッドのなかでできる範囲で、手足や体幹を動かすだけで充分だそうです。手をグーパーする、腰を浮かせる、足をバタバタする、左右にゴロゴロ向きを変えるなど。

また朝、部屋をエアコンのタイマーなどで温めるのも効果です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする