仮想通貨 Verge(XVG)情報




Vergeはブロックチェーンのセキュリティおよび匿名性に加え、取引量許容量と取引時間を向上させたため、「ビットコイン2.0」と言われています

ビットコインの公的なブロックチェーンには匿名性が不足しています。

Vergeは複数の匿名性を中心としたネットワーク(TorやI2Pなど)を合わせることでその問題を解決しました。ウェブサイトによると、ユーザーのインターネット(IP)アドレスは不明瞭にされ、取引は完全に追跡不能になりました。と記載されています。

比喩して比較した場合、ビットコイン取引がトラクターよりも遅いとすると、Verge取引は光速で取引が可能です。

Vergeブロックチェーン取引はSimple Payment Verification(SPV)技術により、5秒以内に取引を実現しています。

そして、Vergeは民間企業ではないためcommunity feel(技術の方針と通貨の行き先の責任は全てコミュニティのメンバーにあるという意味)を大切にしています

Vergeはデジタル通貨界のゲームチェンジャーになりつつあります。年初からの倍率を以下に記述します。

Verge(XVG):1XVG=0.0023円〜最高値29.67円にタッチし、現在27.98円付近を推移

2017/01/01〜2017/12/25 約12900倍を記録

上昇に関してはビットコインをはるかに超えています。

現在(12月24日)、Vergeの時価総額は$35億で総トークン数165億のうち、145億トークンが市場に供給されています。 Vergeの大半はBinanceとBittrexで取引され、過去24時間の間に数十億ドルの動きが記録されています。

仮想通貨界は常に変化しており、今回はVergeを紹介していますが、アルトコインにビットコインが地位を譲るときが来る時は近いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする