SCAPULA スキャプラ 初動負荷 トレーニング 




①SCA・BACKS 4D-1000
Scapulaは日本語で肩甲骨を意味する。このScapulaは肩甲骨、肩甲骨周辺の組織を高めることができる。
肩甲骨は鎖骨と肩鎖関節をつくり、鎖骨は胸骨と胸鎖関節をつくる。この一帯を肩甲帯もしくは上肢帯と呼ぶ。
このScapulaを使用するにあたり立位で上肢をリラックスした状態から鉛直線上に上肢をあげ、前腕に緊張をつくらないようハンドルを固定する。次にハンドルを固定・holdしたまま座位の状態をとる。この時の前腕は中間位・neutralである。このカムボックスが上方にあるとき、肩甲骨は上方回旋、外転、挙上した状態にある。このときの肩甲骨に関与する筋は伸長され筋紡錘が筋の伸長を感知し反射が起き、随意運動とともに肩甲骨は下制、下方回旋そして内転をコントロールしながらカムボックスを下方へ移動させる。
カムボックスを下方へ移動させる際に、引っ張る・引き寄せる・pullという表現を用いやすいが人の正確な動作を表す表現に引くという動作はないため説明するときは言葉を選ばなくてはならない。
そしてカムボックスが下方へ移動し、筋は短縮してから弛緩し、カムマシーンによりカムボックスが上方へ移動することにより上下動の反復が行われている。

②初動負荷カムマシーンの特徴、機能・functionについて
初動負荷カムマシーンは動作の途中に負荷が漸減することで負荷の変化が中枢系にフィードバックされることにより神経筋制御や神経筋協応能を高め神経系の発達に関与する。また、カムボックスの2軸回旋により肩甲骨、肩関節の本来持っている自由度を獲得する。さらに肩甲骨周辺の筋(近位)の動きから末端(遠位)の活動を促進させる要素を引き出すことができる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする