ベンジャミン・グレアムの投資哲学 – 賢明なる投資家 投資家必見の書(かのウォーレンバフェットも感銘を受けた)





賢明なる投資家の中でも一番心に残った文を紹介します。

これに全てが詰まっていると言っても過言んではありません。

一.投資とは、詳細な分析に基づいて行うものであり、元本を保全して、適切なリターンを上げることと定義する。この条件を満たさないものを投機と呼ぶ。

二.将来のことは分からないのだから、投資家は手元資金をすべてひとつのバスケットに入れてはならない。その安全で堅実な範囲を超えて冒険に挑んだ人々は、精神的に大きな困難を背負うことになる。

三.投資家と投機家の相違は、その人が相場変動に対して、どのような態度で挑むかという点である。投機家の関心事は、株価の変動を予測して利益を得ることであり、投資家の関心事は、適切な証券を適切な価格で取得し保有することである。

四.安全域の原則を確固として守ることによって、十分なリターンを得ることが可能である。安全域の原則は、割安銘柄に適応することでさらに明白なものとなる。割安銘柄は、株価がその株式の本質的価値よりも安い状態にあるわけであり、その差が安全域となる。

グレアムの投資理論が詳しくかいてあり、投資家にとっては非常に参考になる書籍です。

この本を読まずして投資はしないほうが良いくらいです。

投資を始めるなら是非読んでおきたい逸品です。

ベンジャミン・グレアムの投資哲学/

賢明なる投資家より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする