ゼネラルエレクトリック(GE) を新規で成行30株購入 アメリカ株投資




ゼネラルエレクトリックを新規に30株購入しました。

ゼネラルエレクトリックと言えばかの有名なエジソンが始めた企業です。

会社概要

航空機エンジン、医療機器、産業用ソフトウェア、各種センサ、鉄道機器、発電および送電機器(火力発電用ガスタービン、モーター、原子力[8])、水処理機器、化学プロセス、鉱山機械、石油・ガス(油田サービス、天然ガス採掘機器、海洋掘削)、家庭用電化製品(LED照明、スマートメーター)、金融事業(法人向けファイナンス、不動産ファイナンス、各種リース、銀行、信販)など幅広い分野でビジネスを行っている。

ダウ平均株価の構成銘柄のうち、1896年5月26日の算出開始以来唯一残存している企業である。欧米と中国での特許取得数では世界一である。長らく世界屈指のコングロマリットとして事業拡大が行われてきたが、2017年11月13日、ジョン・フラナリー(CEO)は事業の絞り込みを行うことを言明。今後、電力、航空機、ヘルスケア以外の事業については、売却などが進められるなど転換期を迎えている。

-wikipedia

直近の株価は5日チャートで12ドルから上昇しています。

これは、バフェット氏が株式購入するとの観測から2年ぶりの大幅高になったことが関係しています。

しかし、まだ購入はしていないようです。

そこで、バフェット氏率いるバークシャーが動く前に試しに購入してみました。

最悪、バークシャーが動かず株価もジリ下げでも配当利回りが3.5%なので、保有します。

ゼネラルエレクトリックがV字回復するかどうかは不確実性の未来で誰もわからないことなので、、

バフェット購入観測の参考記事

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-03-27/P69DZ3SYF01S01

長期チャート

落ちるナイフ状態です。

配当利回りも3.5%となっており、投資妙味があります。

本来、落ちるナイフには手を付けないのですが、利回りが高いこととバークシャーが動く可能性があることから購入し、様子を見てみます。

もとから安くなっているので、相場が下落になっても影響は少ないので良しとします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする