投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識を読んでみました。





さすが、ウォーレン・バフェット率いるバークシャーハサウェイの株主総会で配布された本だけあって分かりやすく、本質をついています。

特に印象に残っているところは、やはり感情に左右されないようにすることという項目です。

やはり、目先の利益に走ってしまい感情的なトレードになってしまってはいけないのです。

下落相場のバーゲンセールは安く買えるチャンスなのです。

本質的価値や本質的価値の計算方法については、特に述べられていませんので、「投資経験」のある方にはあまり参考にならないかもしれませんが、投資の基本を再認識するには、良い本であることに間違いないと思います。

この本で特に伝えたい項目は以下のものになります。

・未来を予測することはできない。しかし、自分が今、市場のサイクルのどの位置にいるのかは深い洞察と分析から判断できる。
・市場のサイクルの中での自分の位置が分かれば、ポートフォリオの構成を変えることによって、上昇相場では市場平均と同じリターンを得られ、下落相場では市場平均をアウトパフォームする(損失を他の者より抑える)ことできる。
・本質的価値をしっかりと計算し、それよりも安い価格で株を購入する。
・株価が本質的価値に収束していくには長い時間がかかり、場合によっては買った価格よりもさらに下がるので、ポジションを堅持する忍耐強さが求められる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする