逆イールドカーブ発生などから株安

米株が大きく下げています。

トランプ大統領がライトハイザー氏を中国とのトップネゴシエーターに任命したことも関係しているようです。

ライトハイザーの要求に中国は絶対応じないだろうと市場が悲観視しています。

また、月曜日に3年国債と5年国債で10年ぶりに逆イールドカーブが発生したことも関係している様子。

逆イールドカーブは1955年以降におきたすべてのリセッションの6ヶ月前から24ヶ月前に現れています。

ただし、リセッションの先行指標として注目されるのは3-5年ものではなく、2年と10年もののイールドカーブです。

逆イールドカーブ図

出展: https://life-chieizo-blog.jp/asset-management/american-long-term-interest-rate/

2年国債利回りが10年利回りを抜く理由は、利回りが高いので10年の国債をたくさんの人が購入する事で利回りは下がり、結果短期国債が長期国債を追い抜くことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする