再起動ループに陥ったNexus 6(文鎮)を分解修理に失敗した反省と注意点

ネクサス6が再起動を繰り返し、操作できなくなりました。

調べたところ、よくあることのようです。修理店はどこにでもあるので、修理に出せば良かったのですが、調べると分解して、接触不良のところを治せば、再起動も治るとのことでした。

分解参考サイト

https://www.naenote.net/entry/fixed-nexus5#toc6

http://gigazine.net/news/20150322-nexus-5-change-battery/

そこで、参考サイトやYouTubeを参考に分解したところ、バッテリーにドライバーが当たり、ショートし発火してしまいました。

つまり、故障です。幸い火災にもならず済みましたを

この時の反省として、自分で分解しない。また分解するときはゴム手袋をすること。ドライバーとキリが木製の絶縁体だったため感電しませんでしたが、もし電気を通したら感電していた可能性がありますので、大変危険です。

今回の経験から自分で分解は絶対にしないこと。また、分解するときは絶縁体のゴム手袋をつけることが必要ということがわかりました。

おすすめはお店に持ってくことで、もしも自分で分解される方は、くれぐれもお気をつけください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする