クローズアップ現代+ 2018年1月15日 アメリカの高金利自動車ローンの焦げ付きについて

クローズアップ現代+ 2018年1月15日 アメリカの自動車ローンの焦げ付きについて。

利益が見込めると考える投資家たちのマネーが価値が定まっていないものまで投資の対象になっているのです

リーマンショック以降市場に出回るお金を増やすために
3.6兆ドルを市場に投入
その結果投資対象の価格が高騰しているのです
さらに追い風となったのはトランプ政権が打ち出した大幅な法人税の引き下げでした

企業の収益増加への期待が高まり
アメリカの株価は史上空前の伸びを示しました
その影響は日本にも
アメリカ発の世界経済の好調に支えられ企業の業績も改善
日経平均株価は1年間で3650円に上がりし26年ぶりの高値をつけたのです
日本の株を買っている多くの外国人投資家は株価はさらに上がると見て買い進めています
日本の株に2400億円を投じているヘッジファンドです

今年の見通しは企業収益も好調で需要も好調福祉大
今年もポジティブなリターンが続くと期待できません
海外の投資家が今後も日本株が上がると見るのには
日銀が世界に例のない金融政策を続けているからです

金融緩和策の一環として市民はある金融商品の買い入れを進めています
etf と呼ばれる投資信託で多くの上場企業の株式を組み合わせたものです
2010年に始まった買い入れは増え続けその額は去年
15兆円を突破
いわば日銀が日本企業の株価を下支えする状況が生まれているのです
このヘッジファンドは日本でのバブルの再来を期待しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする