アニサキス食中毒が急増 対処法




厚労省によると、寄生した魚は70度以上で加熱するか、マイナス20度以下で24時間以上冷凍すれば問題ないが、刺し身やしめサバなどから見つかる場合が多く、人の体内に入ると生で食べた場合は人の胃壁や腸壁をアニサキスが刺すなどして、激しい痛みや腹膜炎症状を数日間にわたって引き起こす。

酢で締めたり、醤油や酢を付けたりしても予防効果はないとのこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする