マイコプラズマ肺炎症状とレントゲン写真についてまとめ




レントゲン写真

1日目 会社早退 37.3分 朝から喉が痛み 体調が悪い

2日目 熱は下がる 倦怠感 右膝の節痛い

3日目 右膝の節が痛い 

4日目 倦怠感

5日目 37.3分 頭痛、倦怠感、寒気

6日目 頭痛なくなるが頭重い、倦怠感、36.8分から37.2

7日目 同様 インフルエンザの疑いで1回目の病院でインフルエンザ陰性、風邪の診断

8日目 症状軽くなる

9日目 症状軽くなる

10日目 完治したと思われた

11日目 喉が痛みだす 微熱

12日目 症状軽くなる

13日目 微熱と喉の調子が悪い

14日目 体調が悪い怠さ 2回目の病院 37.4度 風邪との診断で薬の種類が変わる

15日目 体調が悪い

16日目 体調が悪く

17日目 体調が悪い

18日目 体調が悪い

19日目 体調が悪い

20日目 体調が悪い

21日目 体調が悪い 37.1度 3度目の病院 レントゲンではマイコプラズマ肺炎ではないと診断。レントゲンと症状はマイコプラズマ肺炎だが。

22日目 体調が悪い 夜に悪化し咳が出るようになる

23日目 夜に悪化  レントゲンを見直すとマイコプラズマ肺炎が写っているように見える。そして、症状がマイコプラズマ肺炎に似ている

24日目 緊急外来へ行く 研修医のため診断不可、内科を勧められる

25日目 朝方に喉、気管の調子悪い 咳が出る          37.2度 咳は気管支へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする