相手を不快にさせず話す方法




ビジネスに限りませんが、人と話をするときに相手に不快感を与えないことは上手なコミュニケーションをとるために必要な話術といえます。相手に不快に思われずにコミュニケーションを良くするための方法をご紹介しましょう。

普段使用する言葉遣いに気を付ける

ビジネスの現場ではプライベートやアルバイトでは使えていた言葉が相手に不快感を感じさせることもあります。

例えば「~になります。」のように言い方が回りくどいと耳障りなため、「~です。」のようにシンプルにはっきりと伝えることが相手を不快にさせないスキルです。

また、「どうも」や「すみません」のように多くの意味にとらえられる言葉も便利ですが、不快にさせない話術としては適しません。わかりやすくシンプルに伝わることが大切です。

しっかりと相手に意思を伝えよう

取引先との会議や打ち合わせをしていても、時間がきてしまい途中で話を切り上げなければいけないときは、しっかりと意思を伝えることが重要になります。必要以上に高圧的な態度や下手に出すぎず、堂々と自信を持って主張をすれば不快感を与えずに意思を伝えることが期待できます。

感情のままに相手を攻撃してしまったり、おどおどしながら伝えたり、貧乏ゆすりなど不快にさせる行動に出てしまっていたりすると相手はあなたに良い感情を抱かない可能性があります。

もし途中で話を切り上げなければいけない場合は、次回の代替案を出して話をまとめるのがおすすめです。

相手の話が長い!?上手に話を切り上げるコツとは

相手の話が長いために、ぐだぐだと時間を消費してしまうことや、次に仕事が控えているのに逃れられない場面もあるでしょう。先ほどの例と同じく、自分の意思をしっかりと持って伝えることが大切です。相手に伝わりやすくするために、イライラなどの感情を出さずに不快感を与えないよう声のトーンやふるまいを変えながら、シンプルに気持ちを伝えることがおすすめです。

例えば、「〇〇時になりましたね。次に約束があって、そろそろお暇します。」などはっきりということで相手に伝わりやすくなるはずです。会ったときに、事前に相手に予定を伝えておくのも一つの手段です。

これらの上手く話を切り上げるコツを使うことが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする