ブラック企業の特徴、見抜くためのポイントとは




最近よく耳にするキーワードとして「ブラック企業」があります。ブラック企業とはどのような特徴を持っているのでしょうか。また、避けるための方法はあるのでしょうか。今回はブラック企業について解説を行います。

劣悪な労働環境!ブラック企業の特徴とは

ブラック企業とは体を壊すほど長時間残業させたり、休日出勤が頻繁にあったり、パワハラが横行するなど、労働者にとって劣悪な環境で仕事をさせる会社のことです。

現在、厳しい経済状況が続いています。入社した会社がブラック企業だったとしても、せっかく見つけた仕事を簡単に辞めることはできないと考える人もいるでしょう。

ブラック企業に入らないようにするためにはその特徴について事前によく調べておく必要があります。

要チェック!ブラック企業を見抜くためのポイント

いつ見ても求人を出していたり、募集人数が異常に多かった場合はブラック企業の確率が高いです。

毎回募集をかけている理由は離職率の高さが原因と推定されるためです。仕事内容や条件の記載があいまいになっている時も要注意です。実際に入社した時、想定外の仕事を任されることがあります。

また給与が良いからといって優良企業とは限りません。

例えば、残業時間が反映されないシステムになっていないか確認するのも良いでしょう。面接の際に少しでも違和感を感じたら、しっかりと質問することが重要です。

ブラック企業に入ってしまったら

ブラック企業に入ってしまったら、どうしたら良いのでしょうか。

労働には「辞める自由」があります。ブラック企業を辞めることができない人で共通している点は「責任感」が強すぎるところです。

仕事をすぐに辞めるのは悪いこと、という先入観にとらわれてしまうとブラック企業はその考えを都合よく利用してきます。仕事は何十年と継続していくものです。

若い内に心身を壊してしまい、働けなくなるような事態だけはどうしても避けたいですよね。

一人で悩みをかかえず、困った時はまわりの人に相談することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする