後悔はしたくない!転職時に押さえておくポイント




人生で初めての転職はとても不安があると思います。今までの環境から新しい環境に進むのは仕事の知識も人間関係もゼロからのスタートになるため、失敗したらどうしようなどのネガティブな感情が湧いてしまって、転職すること自体諦めてしまう事もあるかもしれません。どうすればスムーズに転職できるでしょうか?

何故転職したいかを整理しよう

転職したいと思うときには理由があります。例えば、お給料に不満があって、自分の能力を最大限に活かせる環境にいきたい。人間関係に不満がある。残業時間が多く、仕事を続けていく自信がないなど、現状の環境で何が不満なのかを整理しましょう。そうすることで転職先に求める条件がおのずと見えてきます。
お給料に不満がある人はお給料が高くなることが必須条件になりますし、残業時間が長いことに不満がある人は残業が少ない会社を選ぶと転職先で同じ失敗はしません。
自分が譲れない条件を明確化することで、同じ失敗を繰り返さないようにすることが大切です。

転職先の職場環境を把握しよう

いざ転職となった時には次に行きたい会社を企業調査し、面接を受けていくことになります。行きたい会社についてはHPや求人で内容を確認し、どのような仕事内容か、企業情報・事業情報などを調べ、自分の考えとマッチしているかを調べます。ただ実際の会社環境を見てみないと、本当に自分に合うかわかりません。そのため、実際に働いている人の話が聞ける面接で、人事の人に質問したい内容をまとめていきましょう。どんな些細なことでも明確にしておきたいことは質問すると、入社した時のミスマッチが減るはずです。

自分が会社でやりたい事を明確化しよう

会社を選ぶという事は自分ができることを会社に還元することですから、迎える人に期待をされて入社することになります。自分が今まで何をしてきて、次の会社では何を成し遂げたいかを明確化し、パフォーマンスを発揮できる会社を選ぶようにしましょう。あるいは、今はできなくても必ずできるようになりますなど、目標を立てていくと多少環境に相違があっても、目標に向かって仕事を進めることができます。

もし、そのような目標が明確でない場合、本当に転職が必要かどうかを再度考え直すことも必要です。現状の不満、目標の明確化がはっきりできた時に、転職はスムーズに進められます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする