面接で聞かれる長所と短所についての効果的な受け答えについて




新卒採用・中途採用問わず、面接で必ずといって聞かれるのがこの質問です。普段生活をしていると中々自分の長所や短所を考える機会はありませんので、いきなり質問されて固まってしまう人もいるのではないでしょうか。この記事では、そんな方に向けた長所と短所の質問に対する効果的な返答について説明します。

具体的なエピソードを交えて話す!

自分の長所や自分の短所を話すときに「コミュニケーション能力が高い」や「人の話を聞かない」などの漠然とした回答をしても、面接官の方も困ってしまいますし、自分自身もその後に何を話せばいいか分からずパニックになってしまいがちです。ですから、面接時には今まであった自分の体験談も交えて話すようにすると面接官の方もイメージが湧きやすいですし、自分も本当に経験したことをその場で思い出して喋れば良いだけなので話しやすくなります。

嘘なく自分に正直に話す!

面接官の方は人を見抜くプロの方たちです。嘘やごまかしなどは大抵バレてしまうでしょう。何より嘘をつくときは頭でストーリーを考えながら話すので、少し突っ込まれるとパニックになってしまいます。
それよりも自分の長所や短所などを冷静に見極めて、ありのまま伝えようとする方が、人として好感が持てるのではないでしょうか。幾つになっても一生懸命な人は好感を持たれますし、若いうちは無理に取り繕うとせずにありのままの自分を受け入れてくれる会社を探すことで仕事を楽しく出来る環境を見つけることができるでしょう。

未来に目を向けて話す!

長所だったらその長所をどんな風に仕事に活かしていくのか、短所ならどのようにして改善していくのかを話すことは先のことを考え、尚且つ成長意欲もあることを見せられるので効果的です。面接で重要視されるのは現在よりも未来のことです。この人が自分の会社で働いたらどんな風に成長していくのかなど、様々なことに思いを巡らせながら面接官の方は聞いています。ですから、改善方法なども伝えれば短所も引け目に感じさせず、しっかりと話すことができるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする