親戚への挨拶の贈り物はどの時期に送るのが良いか?!




東京や一部の地域では、7月13日~15日(16日)をお盆と
定めているところもありますし、沖縄は旧暦の日付で毎年変わります。
満月の夜に合わせてエイサーという踊りで先祖を迎える
お祭りの映像を見たことがあります。

なので、親戚への盆と暮れの贈り物は6月後半に発送するくらいが良いでしょう。

お歳暮は本来、12月13日~12月20日までに贈るべきと言われています。
12月13日は「正月事始めの日」で、正月の準備を始める日です。
20日までにお歳暮を贈るべき理由は、一説には20日以降はどの家庭も年越しの準備で慌ただしくなるためであると言われています。
しかし、現在では11月のうちからお歳暮の準備を始め、11月末に発送する方も増えているようです。
お歳暮ギフトを取り扱うデパートなどで早期割引を実施している影響もあるかもしれません。

12月13日~12月20日までにお歳暮を贈ることが一般的ですが、関東と関西ではお歳暮を贈る時期の目安が若干異なります。
関東では12月初旬~12月31日まで、関西では正月事始めの12月13日~12月31日までに届けば問題ありません。関東・関西どちらも12月31日までに届けば問題ありませんが、夫婦どちらかの実家、または海外で年越しする方もいます。
そのため、お歳暮が届く時期があまり遅くなると迷惑になる可能性もあります。やはり、地方を問わず12月20日ごろまでに届くように手配する方が無難です。なので、12月頭くらいに発送するのが良いでしょう。

ただし、贈る品物が正月に使用するための生鮮食品の場合は、遅く届けることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする