エキシビションマッチ・DeNA戦で日本ハム中田翔内野手が同僚の選手1名に暴力行為で出場停止処分、被害者は杉谷説が浮上しています




エキシビションマッチ・DeNA戦で日本ハム中田翔内野手が同僚の選手1名に暴力行為で出場停止処分、被害者は杉谷説が浮上しています。

球団によると、中田は8月4日に行われた
エキシビションマッチ・DeNA戦(函館)で同僚の選手1名に暴力行為を行った。
球団は判明後、試合中に球場からの退場と、自宅謹慎を命じたという。
その後、球団は中田本人、および該当行為を受けた被行為者である選手と、
事情を知る選手・スタッフらに対して詳細な調査を実施。
被行為者である選手からは大事にしたくない旨の申告があり、
中田自身も深く反省していたという。だが、それらの諸事情を踏まえてもなお、
「中田の行為は統一契約書第17条に違反し、
野球協約第60条(1)の規定に該当するものと認定」したため、
同選手に対して当面の間、一軍・ファーム全ての試合の出場停止処分を通達したという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする