ロイヤルダッチシェル adr から配当金をいただきました アメリカ株 米国株




イギリスの株なので、租税条約によって配当金に税金がかからないのが大きいです。

10株あたりの1026円の配当金でした。

石油ビジネスが持続的な収益を上げ続けることができるのか、世界の投資家は懐疑的に見ています。

1バレル100ドルを超えていた原油価格は、2014年夏頃から急落して2016年初旬には1バレル26ドル台まで下落しました。その後原油価格は持ち直して、2016年夏頃からは概ね1バレル50ドル付近で推移しています。

周りが怯えて手を上げていない時に、果敢に手を上げて出資できるのが受託者責任のない個人投資家の強みです。

ただし、エネルギーセクターに過剰に投資することはせずにきちんとセクター分散することが大切です。また、強い財務基盤を持つ石油メジャーを中心にポートフォリオを組んだほうが安全だと思います。

石油メジャーとは、20世紀後半に石油生産を独占していたセブン・シスターズの流れを組む企業を指すことが一般的です。具体的には以下の企業が挙げられます。

エクソンモービル(XOM)
シェブロン(CVX)
ロイヤル・ダッチ・シェル(RDS.B)
BP(BP)

サウジアラムコやガスプロムなどの国営石油企業の影響力が強まっていますが、これら石油メジャーは投資対象としてまだまだ魅力的だと思います。

さて、この4つの石油メジャーに投資するならあなたはどれを選びますか?

この4つの銘柄、実は配当利回りの水準が結構異なります。各社の配当利回りは以下の通りです。

ティッカー 配当利回り
XOM 3.8%
CVX 4.2%
RDS.B 7.0%
BP 6.9%

米国石油メジャーであるXOMとCVXより、欧州石油メジャーのRDS.BとBPの方が配当利回りが格段に高いです。

長期投資では配当を最大化させることが大切です。

では、エクソンモービルではなくより配当利回りの高いロイヤル・ダッチ・シェルに投資した方がいいのでしょうか?

そもそも、なぜ両者の配当利回りの差はこんなにあるのでしょうか?

XOMとRDS.Bを題材に考えてみましたので、よかったら聞いて下さい。

なぜRDS.Bの配当利回りはあんなに高いのか!?

(結論)RDS.Bの配当利回りの方がXOMのそれよりもかなり高いわけ、それは将来の配当成長力の差です。RDS.Bの方が将来の配当成長力が劣っているからです。

株価ってなんでしょうか?

RDS.Bの株価とは、RDS.Bの株式の値段です。
株式の値段ってどうやって決まるのでしょうか?

株式に限らず、金融商品の理論価格とはその金融商品が将来生み出すキャッシュフローの現在価値の合計です。

株式が投資家にもたらすキャッシュフロー、それは配当です。
株式の値段とは、その株式が将来生み出す配当の現在価値の合計です。

RDS.Bの株価とは、ロイヤル・ダッチ・シェルが今後生み出す将来の一株当たり配当(DPS)の現在価値の合計です。
現在価値の合計という表現がややこしいと思う方は、将来DPSの単なる合計だと思ってください。

同じくXOMの株価とは、エクソンモービルが今後生み出す将来DPSの合計です。

XOMもRDS.Bも同じ石油ビジネスを営んでいます。また、両社ともに大手石油メジャーであり財務力は強いです。投資家のリスク認識はXOMもRDS.Bもそれほど差はないと思われます。

つまり、マーケットが合理的であれば、XOMに投資してもRDS.Bに投資しても生涯で貰える予想配当総額に大きな差はないと考えられます。

生涯の予想配当総額に差はないのにRDS.Bの方が配当利回りが高いのはなぜか?
XOM:3.8%
RDS.B:7.0%

それは、RDS.Bは将来の配当成長がほとんど見込まれていなからだと思われます。一方で、XOMは将来の配当成長がそこそこ見込まれているということでしょう。

増配率がXOMは高く上がる可能性がありますが、RDS.Bは増配率が上がる可能性が低いと言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする