Verisign(VRSN ),Square(SQ),Lam Research Corporation(LRCX)気になるIT銘柄 アメリカ株




気になっているIT銘柄3つを自分の覚書も兼ねてご紹介します。

VRSN

ベリサイン(VeriSign, Inc.)はインターネット・インフラ・サービスの提供に従事する企業である。同社はドメイン・ネーム登録サービス及びインフラ保証サービスを提供する。同社のサービスは多数のグローバルなトップレベル・ドメイン(TLD)のリアルタイム名前解決を可能にし、登録機関を通じてメイン・ネーム登録できるようにし、並びに企業顧客に安全情報とクラウドベースのネットワークへアクセスサービスを提供する。同社は登録サービス及びネットワークインテリジェンス・可用性サービスで構成されるネーミング・サービスという1つの事業部門を有する。同社は、米国の国内外において事業を展開する。同社の登録サービスは、全部の「.com」、「.net」、「.cc」、「.tv」、「.name」のドメイン名のディレクトリを運営するほか、全部の「.gov」、「.jobs」及び「.edu」のドメイン名のバックエンドシステムを運営する。

sbi証券

ドメインのネームサーバーを扱っているので、将来ネットがある限り良い銘柄ではないかと思います。

配当はありません。

スクエア(Square, Inc.)は金融サービス及びマーケティングサービスを提供する。同社はまた、支払の受入、業務の効率化、及びビジネス情報の分析を行うためのハードウェアとソフトウェアを含む支払・販売時点情報管理(POS)を提供する。同社の支払・POSサービスは、In-Person Payments、Online Payments、Square Cash、Square Register、Square Analytics、Square Appointments及びSquare App Marketplaceを含む。同社の金融サービスは、Square Capital及びSquare Payrollを含む。同社のマーケティングサービスは、Square Customer Engagement及びCaviarを含む。同社のモバイル支払・POSサービスは、長い列と時代遅れのキャッシュレジスタから解放されて販売を行うことにより、チェックアウトプロセスを変換し、デジタル・モバイル商取引を促進する。同社は、売り手に、対面またはオンラインで受け入れるオプションを提供する。同社は、売り手のためのレコードの商人として運営する。

sbi証券

スクエアーという決済サービスをご存知の方も多いと思います。まだ日本ではそこまで広く普及してませんが、スマホでクレジットカード決済ができるサービスを扱っています。

アメリカでは普及しているのかもしれませんが、確証がないので手が出ません。

なお、配当はありません。

LRCX

事業概要 ラム・リサーチ(Lam Research Corporation)は半導体産業向けのウエハー製造装置・サービスの提供に従事する会社である。同社は集積回路の製造用半導体処理装置の設計・製造・販売・改造及びサービスの提供を行う。同社はウェーハ処理半導体製造装置の製造・サービス提供を通じて運営する。同社の製品は、携帯電話、タブレット、コンピューター、ストレージデバイス、ネットワーク機器など、各種の電子製品に使用される多様なデバイスを顧客が構築できるように設計される。同社の顧客基盤は、半導体メモリ、ファウンドリ、並びにダイナミックランダムアクセスメモリ(DRAM)、ネガティブAND(NAND)メモリ及びロジックデバイスなどの製品を製造する統合デバイスメーカー(IDM)を含む。同社は薄膜堆積、プラズマエッチング、及び単一ウェハ洗浄を含む半導体製造プロセスフローのいくつかの領域で使用される製品のポートフォリオを提供する。

sbi証券

半導体メーカーなので、人工知能関連なのか最近上がってきています。

配当利回りが0.9%

気になっている銘柄紹介は以上になります。

本日、HSBC14株から800円ほどの配当をいただきました。

再配当に回していきたいと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする