口を噛んでしまうときの対処法




ストレスを多く抱えている人は、口の中をよく噛んでしまう傾向にあります。

まずストレスを感じた際に、無意識のうちに口の中を噛むことで、フラストレーションを溜めないように癖づいている可能性があります。イライラした際に、壁を叩いたり爪を噛んだりするといった行動と同じ現象です。

イライラした感情だけでなく、不安な気持ちや緊張した場面も同じようなことが起きる場合があります。

ストレスがたまっている状態では交感神経が活発に活動している状態ですが、高ストレス状態が長時間続くと身体全体の機能がコントロールを失ってしまいます。

不整脈が発生しやすくなったり筋肉の働きも不安定になります。この影響でも顎の力を抑えられずに強く噛んでしまう原因になりますので、なるべくストレスは溜め込まないようにしましょう。

もし噛んでしまう癖がついてしまった場合は、何かものやガムを食べるようにしましょう。
そうするとだんだんと噛まないのが習慣になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする