名古屋市観光 松坂屋初代社長の別荘の揚輝荘に行ってみた。




揚輝荘は、大正から昭和初期にかけて(株)松坂屋の初代社長15代伊藤次郎左衛門祐民によって構築された別荘です。
かつては迎賓館、社交場として華やぎ、国際的なコミュニティを形成した場所でもありました。
その後、世の移ろいを経て、5棟の文化財と庭園が残されています。

4年前から入館できるようになりました。

食卓の通路には金網がみえます。ここは床暖の様に暖かいものを入れて使っていたようです。

床には見る角度によって見え方が変わる工夫が施されています。なので、床にまでこの様な模様が入っています。

食卓の奥の暖炉です。

この暖炉の周りには平安時代の瓦が貼られています。

揚輝荘当時の模型も展示されていました。

揚輝荘ホームページ

http://www.yokiso.jp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする