バリュー投資アイデアマニュアル ──得意分野を見極めるための戦略の宝庫を読んでみました!




目次
第1章 極めて個人的な取り組み−何を保有したいのか
第2章 グレアム流ディープバリュー(割安株)投資−優雅ではないが利益は上がるしけモク投資戦略
第3章 サム・オブ・ザ・パーツの価値−追加的な資産や隠れ資産がある会社への投資
第4章 グリーンブラットの安くて良い株を見つける魔法の公式
第5章 ジョッキー株−素晴らしい経営陣とともに利益を上げる
第6章 リーダーに続け−スーパー投資家のポートフォリオからチャンスを見つける
第7章 小型株は大きなリターンにつながるか−あまり注目されていない小型株と超小型株で儲ける
第8章 スペシャルシチュエーション戦略−イベントドリブン型の投資チャンスを探す
第9章 スタブ株−レバレッジが高い会社への投資(または投機)
第10章 国際的なバリュー投資−自国以外で価値を探す

ミハルジェビックは知らなかったが、本を読んできわめて律儀な性格だろうとわかった。
本書はバリュー投資の様々な投資家リストと彼らの銘柄選択法、そして自身の銘柄選択法について触れている。
ミハルジェビックの銘柄選択条件で、「本社が中国に無いこと」という条件がとても面白かった。
またなぜ大型株ではなくて小型株から選択すべきなのかということが実に説得力があった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする