PBR1.0もしくは1割れの業績右肩上がりの企業は投資対象として良さそう

PBR1.0もしくは1割れの業績右肩上がりの企業は投資対象として良さそうに思います。

一部のシクリカルな動きをする企業を除いて、割安水準になった時には安心して保有できる感じがします。

具体的には、

三洋貿易、インテージホールディングス、G7ホールディングスなどがあると思います。

おそらく、これらの業績右肩上がりの企業は時価総額や知名度の違いもあるかもしれませんが、アメリカであればもっと違ったチャートになるのではと思ったりもします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする