転職活動は誰にも知られないように水面下で進めましょう!




転職活動は誰にも知られないように水面下で進めましょう

転職活動するにあたって現在の職場の人には悟られずに水面下で動きましょう!

転職しようと思ってる事を仲の良い職場の人だろうが言わない方が良いです。
いくら良い人だと言っても他人。
どこで誰に言うかわからないのです。

それが上司の耳に入って「辞めたい言ってるらしいな?」などと言われたら面倒くさいことになります。

※最初の転職の時の私の経験談です…。
そして次がまだ決まってない状態なのに勢いで退職してしまいました。

私の場合はここで2つも失敗してますね。

①職場の人に転職したいことを話したこと
②面倒くさくなって勢いで退職したこと
②に関しては①がなければ起こらなかったと思います。

辞めると言うのは転職先が決まってからにしましょう。

転職して後悔しないように
転職して後悔しないように事前準備はしっかりとしましょう。

勢いだけで退職
不満すごくがあって早く辞めたいって気持ちが強くて勢いで退社する人もいますが、
次も決まってないのに勢いで退社すると妥協して次の転職先に行く可能性があります。
最初は希望の条件で探しますが、面接すら決まらない日々が続くと絶対に妥協します。
そしてまた不満が溜まって同じ事の繰り返しになることもあるので注意です。

転職理由を明確にする

なぜ転職したいのか?今の会社に不満があるのか?不満があるならその理由は?
「給料が安い」「残業が多い」「土日に休みがほしい」「仕事内容自体合わない」
転職したいなら何かしらの理由があるはずです。
その理由を次に選ぶ転職先ではクリア出来てるのかをしっかりと確認しましょう!

自分を見つめ直すことも必要

転職を決意した理由の中に自分で改善できる点はなかったかなど考えることも必要。
人間関係を理由に転職を決意したのならば尚更考える必要もあるかもしれません。
接し方や対応の仕方で改善できることはなかっただろうか?
仕事がつまらないし楽しくないという理由で辞める人もいるかもしれませんが
自分で工夫して楽しく仕事できるように努力したのかどうか?
私の個人的見解ですが楽しい仕事なんてないと思います。
仕事の合間に自分なりの楽しい事を見つける。
仕事終わりや休みの楽しみの為に頑張るとかならありますが…。

優先順位は決めておく
希望条件の優先順位は決めておいた方が良いと思います。

自分が希望する条件を全て満たせば非常にありがたい話ですがそうもいきません。
業種、職種、場所、収入、休み、福利厚生など色々ありますが優先順位を決めておきましょう!

転職を成功させるために

もしも今の職場に不満があるなら将来が不安になることがあるなら黙って転職活動です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする