結婚を決めてもいいタイミング




エンドレスな回転寿司をイメージしてみて下さい。ぐるぐる回らずに、右から左にえんえんとお寿司が流れてくるんです。そして、流れていったお皿はもう手に入らないシステムです。
基本的に流れてくるのは安い皿にのったいまいちなお寿司で、ときどき高いお皿の高級お寿司が流れてきます。そしてあなたが狙っているのは、安いお皿にのった高級お寿司です。

しかしそのお寿司はそう簡単に見つかるものではありません。これいいなと思って食べてみたらいまいちだった、という場合が多いからです。そしていまあなたが見つけたそのお皿、あなたの所持金にぴったりで、最後の一皿として申し分なくおいしそうです。でもあなたはこう考えてしまいます、「まだもっといいの来るかもしれない…、ここまで待ったんだからもうちょっと待ってみようかしら」と。
きりがないですよね。たしかに来るかもしれないけど、来ないかもしれない。来たとしてもまたこう思うかもしれない、「まだもっといいの来るかもしれない…、ここまで待ったんだからもうちょっと待ってみようかしら」と。
これはもう、今ある目の前の一皿に向き合うべきでしょう。ベルトを流れてるエンドレスなお寿司たちはもう無視です、「どうせろくなお寿司なんて回ってこないわ」と考えましょう。
目の前の一皿をじっくり見て、「これでフィニッシュしよう!」と思えたら、それが結婚のタイミングです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする