NHK 東京リボーン 東京地下通路開発の問題点について

地下通路を作れば、建設容積が拡大できる。

なので、家賃収入が増えるので、ビルは地下通路を作った。

地下通路を作る建設費を出しても、拡大した家賃収入の方が勝るからだ。

なぜ、このように地下通路を作ると建設容積の拡大が許されるのか?

それは、地下通路が公共に利するからだ。

丸の内の大家と呼ばれる三菱地所も東京の地下がこんなに複雑になるとは思っていなかったという。

また、地下を掘るシールドマシンは使い捨てで、現在数千ものシールドマシンが埋められたままという。

水混じりで地盤が弱いと言われる東京の地下。最悪いつか崩れる日が来ないか心配になる内容であった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする