2016年日経平均先物の海外投資家の売買動向と日経平均の関連性を調査しました

2016年日経平均先物の海外投資家の売買動向と日経平均の関連性を調査しました。

なぜ2016年かというと相場にボラティリティがあったので先物の動きと関連するかと考えたからです。

結果的に10月〜12月の上昇には関連が見られましたが、全体を通して綺麗な相関はありませんでした。

以上のことからやはり、先のことは予想できないので、安くなったら買い。

上昇したら売りをするのが賢明と感じました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする