どれだけ長いこと寝ても疲れが取れないことの原因と解消方法。




どれだけ長いこと寝ても疲れが取れないことの原因と解消方法。

どれだけ寝ても疲れが取れない人はどんな人でしょう?

それは寝ている時でも力が入っている人です。

力が入っている?と思う人も多いかと思いますが人は平常時でも力みゼロの人はなかなかいません。

横になっている姿勢でも座っていてもどこかに必ず力が入っています。

それを証明するには誰かに横になってもらいその人の足を持ってブラブラと揺すってみてください。

ロープを揺するのとは違い力が入った抵抗を感じると思います。

しかし、揺すっていくうちに抵抗が小さくなっていくとおもいます。それがリラックスした力みのない状態です。

つまり寝ても疲れが取れない人は、力みやすい体質の人です。

体の固い人ほど力みやすい傾向があります。

それをなくすには日々のストレッチや寝る前にリラックスすることが大切です。

また就寝前の軽いストレッチは副交感神経の働きを高めリラックスできます。まためぐリズムのアイマスクなどもリラックスしやすいです。

まとめ

眠っても疲れが取れない人は軽いストレッチから習慣づけていきましょう。寝る前のリラックスが大切です。

めぐリズムのアイマスク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする