ライバルと差をつける!第二新卒の転職に抑えておきたいポイント




新卒で入社した会社で2~3年働いてから転職する第二新卒。
キャリアを積んできている上に、社会人としての基本的マナーも身についていますよね。
若い人材が欲しい場合には積極的に採用したいと考える企業も多いようです。
では、第二新卒の転職は、どの様なことに気を付けて行けば良いのでしょうか。

はじめに目的意識をはっきりさせることが内定への近道!

第二新卒が転職する上で必要なことは、「なぜ転職したいのか」という目的意識をはっきりさせることです。
転職をしたい理由をきちんと考え、自分なりにまとめていくことが大切です。
また、企業からすれば、新卒で入った会社をなぜ数年で退職したのか、その理由が一番知りたいはずです。
退職の理由から、転職したいと思った理由を、採用側の企業がきちんと納得できるような形でまとめておくことが内定への第一歩と言えます。
この時は、ネガティブな内容にならないように気を付ける必要があります。
自己分析を徹底して行い、目的意識をはっきりさせることは、転職してから「こんなはずじゃなかった」とならないために非常に重要です。
もしかしたらその過程で気付かなかった自分を再発見できるかもしれませんよ。

第二新卒は「若さ」を最大限に発揮できる

第二新卒の最大の武器、それは何といっても「若さ」と言えます。
今しか使えないこの武器を、転職活動に使わない手はありません。
キャリアがまだ2~3年では、仕事の成果を十分にアピールする自信がないというケースも多いですよね。
しかし採用側は、仕事の成果ももちろんですが、何よりも熱意や将来ののびしろ、素直さなど、一緒に働きたいと思える人材を求めています。
第二新卒の弱点であるキャリア不足はどうすることも出来ませんが、熱意で補って企業にアピールすることは可能です。
将来の仕事に対する熱意を積極的にアピールすることで、採用側に熱意のある人材と印象付けることが出来れば、内定がぐっと近くなるはずです。
第二新卒と言う立場を理解したうえで最大限に利用することで、転職活動を効率的に行うことが出来ると言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする