キャリアだけが評価の基準じゃない!




働き方の多様化が進む昨今、キャリアについて悩む人が増えている傾向にあります。自分のやるべき仕事は本当にこれで良いのか、もっと自分に合った仕事があるのではないか、そんな不安を抱えることもあるでしょう。

試行錯誤するのは良いことですが、あまりストレスを溜めこまないようにしましょう。

キャリアノイローゼとは

キャリアノイローゼとは将来のことを考えすぎた結果、現在の仕事に支障をきたしたり、もっと自分に合った仕事があるのではないかと転職を繰り返す執着性のことをいいます。

自分はこうでなければならないというプレッシャーから最善の手段を見つけようとするあまり、逆に疲労やストレスが溜まってしまいます。

特にやりたい仕事が明確でない若い人に起こりやすい症状のひとつです。あまり悩まずに、適度に気分転換することが大切です。

キャリアノイローゼの危険性

キャリアノイローゼになってしまった人は、異常なほど自分の居場所を求めたがる傾向にあります。働いていてももっと良い職場があるのではないかという考えから理想がどんどん高くなり、どのような職場においても不満を持ち始めます。

その結果、自分はどの職場も合わない、ダメな人間だと憂鬱な気分に陥ってしまうという危険性があります。

キャリアノイローゼのもっとも大きな原因は不安です。もう少し気楽に物事を考える視野の広さを養うことが大切です。

不安を乗り越えるために

キャリアノイローゼに陥り、次々と転職を繰り返してしまう人の特徴としてはやりたいことを重視する傾向にあります。

ひとつの解決策としては、やりたくないことをピックアップしてみるという方法が挙げられます。

これだけはどうしてもやりたくない、自分には向かないという業種を考え、それ以外のものから適職を見つけ出す方法です。

嫌いな仕事や苦手な仕事を先に排除することで、プレッシャーを感じることなく転職活動に専念することができるかもしれません。

不安を抱く前に安心感を得ることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする