大型連休明けにモチベーションを取り戻す!効果的な方法とは?




大型連休明けはテンションが下がって仕事に行きたくないですよね。なんとなく体がだるいし、気分も憂鬱になります。そんなモヤモヤした中、会社に行かねばならない。そんな人に、モチベーションが上がって、いい気分で会社に行ける方法を紹介します。

脳を騙してテンションを上げる!

GWや夏季休暇などの大型連休の後はどうしても気分が上がりません。でも、結局会社に行くことには変わりありません。それならば、無理にでもテンションを上げてみましょう。連休最終日の寝る前に、次の日からテキパキ仕事をしている自分をイメージします。すると、斬新な仕事のアイデアが浮かんできたりして、早く仕事をしたくなるかもしれません。そして朝起きたら、「絶対に今日はいいことがある!」と言ってみます。こういうポジティブな言葉を無理やりでも発すると、幸せな気分になれるドーパミンや前向きな気分になれるチロトロピンが脳に分泌されて、本当に気分が上がってくると言われています。前向きな自分のイメージトレーニングと気分が明るくなる言葉をぜひ試してみてくださいね。

休み明けの仕事は無理しない

連休最終日は早く寝て、次の日はいつもより早く会社に行くと良いでしょう。朝から気分や時間に余裕が生まれて、生活リズムがお休みモードから連休前の仕事モードに変わりやすくなります。会社に行くときにはあまり気合いを入れすぎない方が良いです。人は嫌なことを意識しすぎると、嫌な気持ちが増幅してしまうからです。また、連休明けの仕事は重要な重いものではなく、軽いものにしておくと変なプレッシャーもなくスムーズに無理なく仕事モードに入っていけます。連休前に仕事の調整をしておくのをおすすめします。そして、朝には帰る時間を決めておきましょう。帰る時間をあらかじめ決めておけば仕事にメリハリがついて、モチベーションも上がるからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする