これで夏バテも怖くない!おいしく食べて暑さに打ち勝つ




夏になると暑さに負けて、元気がなくなってしまう人は少なくありません。そういった症状は夏バテと呼ばれていて、自覚したらからだが参ってしまう前に対策が必要です。

手軽にできる対策といえば食事を変えることです。みなさんは夏バテに効果的な食べ物があることを知っていますか。ここでは、夏バテを倒すパワーをくれる食べ物をご紹介していきます。

食欲を取り戻したいときの食べ物は?

夏バテの特徴として代表的なのは食欲が湧かないことです。夏は、暑さによってストレスを感じるなどの原因で自律神経が乱れます。

自律神経が乱れると胃腸の機能低下が起こり、食欲が減退します。そんなとき食欲を取り戻してくれる食べ物は、例えばウナギです。ウナギは栄養価が高く、そのなかに含まれるビタミン類のなかでも、特にビタミンAに注目できます。ビタミンAは胃腸の粘膜を保護する働きを持ち、弱った胃腸を助けます。だからウナギは夏バテ中のからだでも吸収しやすく、無理せずに食べることができるのです。

また、疲労回復に効果的なビタミンB1は汗と一緒に体外に出てしまうので、発汗量の多い夏はビタミンB1を失いやすいことがあります。ウナギにはビタミンB1も含まれているので、意識して食べることで補給したいですね。スタミナの源とも呼ばれるウナギなら食欲増強に役立ち、暑い夏もパワフルに過ごすことができますよ。

夏風邪にかかる原因とは?

夏バテは夏風邪を引き起こします。頭が痛くてからだがだるいと感じたら、それは夏風邪の始まりかもしれません。夏バテによって食事がおろそかになっていたり、暑さで眠れず睡眠不足に陥っていたりすれば免疫力が弱まり、風邪をひいてしまうのです。

その他にも、冷房によって喉が乾燥すると、空気中のウィルスが体内に侵入しやすいという要因もあります。夏特有の理由で風邪にかかってしまうケースは多いのです。夏風邪を予防するにはウィルスが侵入しないよう喉の粘膜の健康を維持したり、免疫力を高めたりすることが一番ですが、その方法としてはビタミンAやビタミンCが含まれる食べ物を摂取するのが良いといえます。

ビタミンAは皮膚や粘膜の機能を保ち、ビタミンCは免疫力を強化する働きを持ちます。夏風邪に負けないためには、これらの栄養素が含まれた野菜を食事に取り入れることをおすすめします。

体重の低下は危険!しっかり食べて夏痩せを防ごう

暑いとき、大量に水を飲むタイプの人はそれだけでお腹が膨れてしまい、しっかりとした食事を取らなくなります。また、それに加えて夏バテで胃腸が弱っている場合は食欲も落ちているのでますます食事から遠のいてしまうのです。

これらのことが原因となって起こる体重の低下が夏痩せです。食べたくないからといって食事を拒否していてはからだを壊してしまいます。

夏痩せを防ぐためには食べやすいものを探すことから始めてみると良いでしょう。食欲を促進するウナギの他、整腸作用がある乳酸菌を含んだヨーグルトなどであれば暑いなかでも気負わず食べることができるのではないでしょうか。

夏痩せせずに健康に過ごすには、栄養価の高い食材の中から自身が口にしやすいものを選ぶと良いですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする