インプット型からアウトプット型へ!




中高生の頃の勉強といえば授業の暗記が主であり、インプット中心の勉強方法になっていた方が多数だと思います。その経験から後の人生でもインプット型の作業しかできないという人が多いのが現状です。

しかし、創造性が重視される現代においては表現方法であるアウトプットが重要視されています。

まずはインプットが大事です!

情報化社会の中で様々な知識が入ってきますが、実はどのように情報をインプットするかがアウトプット能力に大きく関わってきます。面倒くさがりな性格で一度見た情報をすぐに忘れてしまったり、曖昧な記憶にしてしまうのでは情報をアウトプットすることはできません。

まずは意識を変えてみるのがおすすめです。インプットを面倒な暗記作業と捉えるのではなく、何かの機会で使える情報を蓄えておくための手段と考えてみるのです。そうすれば効率的なインプットができるはずです。

準備ができたらアウトプットしてみよう!

効率的なインプットができたら今度はアウトプット方法を考えましょう。まずは相手の視点に立ってみることをおすすめします。相手の立場を考えずに話してもわかってもらうのは難しくなるからです。相手の視点に立ってみて、自分だったらどう言われた時にその気になるか、何を提示されたらやる気が起きやすいかを考えてみることが大切です。こうしてある程度筋道を立ててみると驚くほど表現しやすくなります。闇雲に取り組むよりアウトラインを明確にするととてもやりやすくなるはずです。

インプットとアウトプットは同時並行でも大丈夫!

十分にインプットするほどの時間がない場合、二つを同時並行でやってみましょう。

例えば、何かを理解しなければいけないときに、自分が理解できたと思ったら一度他の人に説明してみます。すると、自分がどこを正しく理解できていなかったのか明確になるはずです。インプットの段階では一つのことにつまずくと他のことまで出来なくなってしまうことがありますので、逐次疑問や不安を解消していくと効率的にアウトプットできるようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする